So-net無料ブログ作成

イタリア旅行 アッシジ到着 [旅行]


アッシジの街が近くなると、クネクネとした結構急な坂を登っていきます。
バスの窓から左手にサンフランチェスコ聖堂が見えてきます。

110902_1556~01.jpg

この巨大な聖堂の中には何があるのでしょうか



バスターミナルに着き、小さい城門をくぐります。
さてアッシジの宿になるHOTEL GIOTTOを目指します。
ちゃんと迷わないようにグーグルでチェックしたし地図もメモしてきたもん。もうばっちり。

でも...............!!ちょっとここですごく想定外なことが起こりました!

坂が急すぎます。

足が常に45度保ったまま歩くような状態です。ホテル、近いはずなのにまるで雲の上を目指してる感じ。



110902_1558~01.jpg

アッシジの人はかなりの健脚に違いない。



ホテルに到着するころ、ちょうど夕日が沈むところでした。


110902_0237~03.jpg

ため息と「素敵」しか出てこない。



110902_0254~02.jpg

ちいさい三日月がかかる




110902_0237~04.jpg

町並みはこんな感じに統一されています。



110902_0237~05.jpg




110902_0241~01.jpg

洗練された感じの窓辺です。




110902_0737~01.jpg

私の赤いバッグだって高そうに見えちゃうんだから。




夕食は近くのフォンテベッラホテルのレストランへ。
お客さん結構入ってて、にぎやかだった。お店の人も親切でおちゃめ。
飲み物を「ピーチジュース」と言ったら「モモ!」って叫んでた。私の方が何を言ってるのか分からず
ポケッっとしていた。あ........桃ね。そう桃です。
最後の方に入ったから、食べ終わる頃には客は私たちだけでした。
お店の人は手早く片付けをしてるんだけど、食後のデザートとか勧めてくれて、
ゆっくりさせてくれるような雰囲気を保ってくれていた。

さて明日はどう動こうか。作戦を練る。
ちょっと考えなければならないのは、フランチェスコが没したと言われる、絶対見逃せない
「サンタマリアデリアンジェリ教会」が、アッシジの街中ではなくここだけ駅の方にあるからです。
駅に着いた時に寄ってくればいいのですが、スーツケースがネックなのです。
教会が近いとは聞いていたものの、この時全く場所を把握しておらず、
おまけに駅では大荷物を預けられるようなところはないと聞いていたのです。

諸々考えて、明日は早起きするぞということになりました。

今晩はアッシジの夜。素敵!!


continua

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

yurimakko

>ゆっくりさせてくれるような雰囲気を保ってくれていた。

客商売の人たちとはいえ
旅の間ずっと、優しいイタリア人が多かったね。
ありがたやでした。
by yurimakko (2011-10-11 14:23) 

ミナ

ほんと、せかせかしてるところがないんだよね。
なんだろね。マニュアルっぽくないというか。
by ミナ (2011-10-11 17:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。