So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都奈良旅行・京都1日目 [旅行]



C6320D8F-3B68-441F-B217-F865302E8967.JPG


3年ぶりの京都です。
今回は、京都国立博物館で開催されている
狩野山楽山雪展を見るためにやってきました。
加えて、奈良国立博物館でも
当麻寺展が開催されているので、
これは行くでしょ!ってことで、
飛んで行きました。

4月17日 新横浜8:29発 のぞみ32号
京都まではあっという間ですね!
10:30には到着して、まず駅のロッカーに
荷物を預けて身軽に!
今回は歩いて巡ろうと決めていました。
私にはiphoneというナビがあるから大丈夫。

お目当ての京都国立博物館は駅から歩いても
20分ほどで着きます。
京都タワー横の烏丸通を北上し、
烏丸七条の信号を右折してひたすら
歩けば着きます。
突き当りは等伯の障壁画で有名な智積院ですね。



30E20F5A-090E-4A1F-AA3B-AE70AC95AD4E.JPG


以前来た時は狩野永徳展でした。
今回は永徳を引き継いでいった
山楽山雪の展示です。
ワクワクしてきました。

展示は大部分が山雪でした。
永徳の時も圧倒されましたが、
山雪の多彩さに目を見張るばかりで、
あっという間に3時間経ちました。
どうすごいって、説明できない。
とりあえず見て欲しい!!と願うばかりです。
この展示は京都のみなので、できるならば出かけて欲しいです。

山雪はきっと人間的にも魅力があったに違いない。
そして京狩野の生き残りをかけて、
山楽は山雪にすべてをかけたんだろうな。。。
などと勝手に妄想しておりました。
それから金銀泥の使い方が勉強になりました。

大好きな雪汀水禽図屏風、メトロポリタンの老梅図
お茶目な猿猴図もいいけど、
墨と金泥だけで表された
枯れ木に鳩図麩が気に入って、
絵の前から離れられませんでした。
山雪という名の通り、雪の表現が秀逸なんです。


写真.JPG

みんな大好き「猿猴図」
猿が水に写った月を取ろうして溺死したという
身のほどわきまえずというたとえがテーマなんですけど、
このおさるにこの後そんな悲劇が待ち受けているなんて
思いもしない茶目っ気ぷりです。
それにしても墨のぼかしだけで体毛を表現してるのがすごい!


立ち去りがたい思いをしながら博物館を後にしました。

お次は、一度作品を見ておきたかった
志村ふくみの展示を見に細見美術館へ。
博物館からだと30分くらいかな。
東大路通を北上し、東山二条を右折して左手。
なんだかとってもオシャレな美術館で、
入場券がシールなんです。
見える所に貼ってくださいって。


4B0B8DEE-C7C8-4CC1-8012-7EF22E919B3C.JPG


工芸というものは、自然の営みに合わせないと
やっていけないんだなと痛感。
着物はとっても美しかったんだけど、
これを人が着ていたら
もっと魅力的に見えただろうなと
勝手に考えたりしました。


朝おにぎり2つしか食べてなかったので、
さすがに休みたくなって、定番のイノダコーヒーへ。
老舗の風格大!で落ち着きます。
京都はカフェ文化も盛んなのがいいですよね。

素敵なお店たちを横目にがまん!しながら
テクテク歩き、日本画絵具専門店の放光堂へ。
超老舗なのに、いつ行っても親切丁寧な対応。
ここでは本物のアイボリー・ブラックが手に入ります。
カードが使えるので大人買いしたいとこですが、
今日は時間がないので必要なものだけ買って出る。

わ!もうこの時点で18時。
今回は嵐山に住むおば宅にお邪魔するので、
これから嵐山へ向かいます。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。