So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

作品紹介⑧ [絵]


庭いっぱい。blog.jpg

庭いっぱい。
F3 紙本着彩 金泥



梅は春告花と呼ばれる
春の使者です。

風はまだ冷たい。
でも地面からワクワクした気が
立ち昇ってくる。
香りと一緒に
紅、桃、白の花が開く。

桜が持つ儚さとは対照的な力強さが
私は好きです。

梅を取り囲む暖かい空気を出すのに
時間がかかりました。




虹を待つblog.jpg

虹を待つ
F3 紙本着彩



芽吹きの時。
春雨が降るごとに
緑が増してくる。

春先の雷は
地中に眠る虫たちを起こすためだと
祖母から聞かされたものです。

何もない空間、空気感を表現するのが
何より難しいところです。




作品紹介⑦ [絵]


産卵する花Aブログ用.jpg

産卵する花
S100号 紙本着彩



卵を抱えた花が
海を見たら産気づいてしまった。

花が産卵?
花は産卵なんてしません。
常識です。

しかし、現在
ホタルの遺伝子が入ったトルコキキョウがあるくらいです。
カニの遺伝子が入った花があったって
おかしくはありません。

カニの遺伝子?
あなた笑ってらっしゃったけど
笑い事ではないのですよ。

ヒトの遺伝子が入った米まで出現して
これはもう

共食いです。











作品紹介⑥ [絵]



手の届かないところBブログ用.jpg


手の届かないところ
F50 紙本着彩





手の届かないところs50ブログ用.jpg


手の届かないところ
S50 紙本着彩 箔




なぜ海とセットにして描くのか。

海は生命の源であり、私たちもそこから這い上がって
進化してきたと言われています。
広大な海に母性を感じたり、
波の音に懐かしさを感じたりするのは
そのせいだと言えるでしょう。
私たち多くの生物は純粋な自然の産物です。

けれど、勝手に都合のいいように
人工的に作られたものは、
見た目はなんら他の生物と変わらなくても
原点は違うのではないか。
しかも望んでそうなったわけでもない。
それらが海と対面した時、
何か違和感を感じるのではないか。
生命の源である海に、憧れを抱くのではないか。

という、私の勝手な想像の図です。




作品紹介⑤ [絵]


祝福Aブログ用.jpg


祝福
F40 紙本着彩 箔



空、海、風、土
この下に生まれるものすべてに
祝福を。



箔は下地に使ってきたのですが、
最近、金属の質感をそのまま生かすのもいいかと思い、
今回はそういう見せ方をした作品をいくつか制作しました。

しかしながら、作品全体が3分割されるような
構図をとってしまったので、反省。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。